貯金にはコツがある。2つのコツでお金が貯まる、無理なく続ける正しい貯金の仕方

f:id:sin-a8:20200219212447j:plain

「貯金が出来ない」そのように悩んでいませんか?

 

実は貯金には正しいやり方のコツというものがあって、このコツさえ分かってしまえば誰でも貯金することが出来るようになります。

 

今回はそんな貯金のコツについてのお話していきたいと思います。 

 

 

〚生活費の残り=貯金〛は間違い

まず、おそらく多くの人が貯金について勘違いしている事があります。

 

それは「生活費の残りが貯金」という間違った考えです。

 

生活費の残りが貯金だと、節約しているつもりでも気づけばどうしても使い過ぎてしまっている、なんてことになってしまいがちです。

【コツ①】〚貯金の残り=生活費〛が正しい

「貯金の残りが生活費」これが1つ目のコツです。

 

さっきとは真逆の貯金の残りを生活費にあてる、 この考え方が貯金をするための正しい考え方になります。

 

なので収入が入れば先に貯金分は抜いて置く、そしてその残りで生活する。

 

そうする事で使い過ぎを無くすことが出来ますし、貯金分は先に抜いてますから貯金も出来ていく訳です。

【コツ②】貯金額は決まった額ではなく収入の割合で決める 

貯金するための考え方が分かったところで次は貯金額の決め方についてお話していきます。

 

まず、貯金額を決める時に金額で決めるのはオススメしません

 

なぜなら毎月の収入に違いがあるからです

 

なかには毎月の収入が決まっているという人もいるでしょうが、どちらかというと毎月の収入が違うという人の方が多いと思います。

 

なので例えば「毎月5万円貯金するぞ」と決めた場合、収入が20万の月と25万の月では難易度が変わってしまいますよね。

 

そこで2つ目のコツ、ひと月の貯金額は金額で決めるのではなく「収入の〇割貯金する」といった感じで貯金額は割合で決めるようにしてみて下さい

 

そうすることによって収入が少ない月でも無理なく貯金する事が出来ます

 

ちなみに何割貯金に回せばいいかという基準ですが、世の中の月の平均貯金額は収入の約1割~2割らしいのでこれを参考にしてみるのもいいと思います。

【おまけ】家計簿も付ける

貯金額を決めてその残りで生活するという事も分かった、だが実際それでしっかり生活出来るのかというと少し不安という方もいらっしゃるかもしれません。

 

そこで、貯金のコツを知った上でもう1つおまけで家計簿も一緒に付けるという事をすると「自分がいくら使ったか」「あといくら使えるか」が明確になるのでオススメです。

 

家計簿の詳しい内容は下の記事にまとめているので良ければ見てみて下さい

www.sinkun-higawari.com

 

 

まとめ 

いかがでしたでしょうか。

・「生活費の残り=貯金」ではなく「貯金の残り=生活費」という考え方を持つ

・貯金額は毎月決まった金額ではなく、収入の何割貯金するかにする

というお話をしてきました。

 

貯金について話をしてきましたが、長く継続して貯金するために一番大切なのは無理をしないという事です。

 

無理な貯金は長続きしないだけではなく反動で逆に大きな出費を生む可能性も高いので十分に注意した方が良いでしょう。


人気ブログランキング