【出費を抑える方法】1人暮らしで僕が出費を抑えるためにやった2つのこと

f:id:sin-a8:20200219212447j:plain

 

・貯金したいけどやり方がわからない

・1人暮らしの生活がギリギリで困っている

 このような人に向けて書いたブログです。

 

  【このブログを書いている人】

f:id:sin-a8:20201129092857j:plain

名前:シン君

・1人暮らし歴2年

・手取り15万円の会社員

・低収入の1人暮らしでも年間70万円貯金

1人暮らしは何かとお金がかかりますよね。

 

そのため意外と貯金できない人も多いのではないでしょうか?

 

実際に僕も1人暮らしをはじめたばかりのころは、全く貯金ができていませんでした。

 

しかし、たった2つのことを意識することで出費を抑え、1人暮らしでも貯金ができる生活を手に入れたのです。

 

このブログでは、そんな僕が1人暮らしで出費を抑えるためにやった2つのことを紹介していこうと思います。

 

 

【出費を抑える方法】1人暮らしで僕が出費を抑えるためにやった2つのこと

僕が出費を抑えて、貯金ができるようになった方法は大きく分けるとこの2つです。

 

出費を抑えるためにやった2つのこと

・お金を管理する

・無駄遣いを減らす

 

それでは詳しく解説していきます。

 

お金を管理する

自分のお金を管理しないことには、出費を減らすことはできません。


そのためには、

1.支出の把握

2.総資産の把握

この2つを僕は行いました。

 

詳しく順番に説明していきます。

 

家計簿をつけて「支出を把握」

まず支出を把握するというのは、僕のブログで何度も言っていますが、「貯金をするために1番大切なこと」だと思っています。

 

出費を抑えたいのに自分が何にいくらお金を使っているのか把握しないと、そもそも何も始まりません。

 

なので僕は「家計簿」を書くことにしました。

 

家計簿と聞くと、「めんどくさい」というイメージがありますが、僕もそれには同感です。

 

そこで、できるだけ簡単にするため、いろんなネット記事を参考にさせてもらい、自分流のアレンジをくわえることで、家計簿を今でもかかさず付けています。

【一緒に読んでもらいたい記事】 

www.sinkun-higawari.com

正直、家計簿のつけ方は何でも構いません。

 

僕みたいに「好きにアレンジできる手書きスタイル」でも、スマホでいつでも付けれる「家計簿アプリ」を使ってもいいんです。

 

とにかく1番大切なのは、『自分が何にどのくらいお金を使っているのか把握すること』

 

これを把握することが、出費を抑える入り口になります。

 

月に1回総資産を洗い出して把握する

そして総資産の把握、これは「自分にはいくら資産があって、どのくらいのお金を使えるか」を把握するためです。

 

そのために僕はひと月に1回必ず総資産を計算して把握するようにしています。

 

特に僕の場合、通帳を複数に分けて使っているので、いくら自分が資産を持っているのか、しっかり計算しないと把握しきれないためです。

 

なので資産を1つの通帳で管理している人は、毎月通帳を見るだけなので、とても簡単だと思います。

 

逆に僕みたいに、複数に分けて通帳を持っている人は必ず毎月1回は総資産を計算してください。

 

無駄遣いを減らす 

お金の管理出来たら次は、無駄なお金の使い方をみつけて減らしていきます。

 

お金の管理で「自分が何にお金をどのくらい使っているのか把握」できれば、無駄なお金の使い方が見えてきます

 

出費の種類は2つに分けられ、

 

2つの出費

・『固定費』・・家賃、保険、スマホ料金など必ず決まった金額出ていくお金

・『変動費』・・食費、日用品、趣味代など毎回必要な時だけ出ていくお金

 

この『固定費』と『変動費』の無駄な出費を減らしていきます。 

 

『固定費』の削減は家計をうるおす 

正直『固定費』だけ削減すれば、他の節約をしなくてもいいくらいの効果があります。

 

僕でいうと、固定費を削減することで年間で10万円以上の節約に成功しました。

 

僕の場合は、そもそも固定費があまり多くなかったので10万円の節約ですが、人によってはもっと多くの金額を節約することも可能だと思います。

 

詳しい固定費の削減については、別でまとめたブログがあるので、そちらをご覧ください。

【一緒に読んでもらいたい記事】 

www.sinkun-higawari.com

『変動費』の削減はコツがある 

今の世の中はとても誘惑が多い時代です。

 

そして『変動費』を削減するためには、誘惑をさける方法を身につけることが大切だと僕は考えています。

 

人はとても誘惑に弱い生き物と言われています。

 

例えば、お腹が全く空いていなくても目の前に食べ物が置いてあるだけで食べてしまうくらい、誘惑にはあらがえないらしいのです。

 

これは買い物をするときにも同じことが言えます。

 

皆さんも部屋をみわたしてみて下さい。

 

どうして購入したのかわからないものが転がっていませんか?

 

このように人は必要がないのに、物を買ってしまいやすくなる習慣があります。

 

要するに、人は誘惑にとても弱くなってしまう習慣があるんです。

 

詳しくは、こちらのブログにまとめているので、そちらをご覧ください。

【一緒に読んでもらいたい記事】 

www.sinkun-higawari.com