知ってましたか!?低収入でもお金が貯まる人の7つの特徴

f:id:sin-a8:20210517223942j:plain

 

・低収入だけど貯金がしたい

・お金が貯まる人は何をしているのか知りたい

・お金が貯まる人の行動を参考にしたい

このような人に向けたブログになっています。 

 

【このブログを書いている人】

f:id:sin-a8:20210321154411p:plain

名前:シン君

・1人暮らし歴2年

・手取り15万円の会社員

・低収入の1人暮らしでも年間70万円貯金している

 

世の中には低収入でもお金をしっかり貯めている人もいれば、高収入なのにお金がない人もいますよね。

 

その違いは何なのか?

 

このブログでは低収入でもお金が貯まる人の特徴を7つ紹介していきます。

 

どの特徴もお金を貯めるヒントになるものばかりなので、ぜひ取り入れてみて下さい。

 

 

知ってましたか!?低収入でもお金が貯まる人の7つの特徴

低収入でもお金が貯まる人の特徴は以下の7つになります。

 

お金が貯まる人の7つの特徴

1.自分がいくら使っているのか把握している

2.ボーナスが出ても贅沢をしない

3.ローンを組まない

4.ストレスが少ない

5.お金を使わない

6.お金を使うときのルールがある

7.お金が増えるのを見るのが好き

 

1.自分がいくら使っているのか把握している 

低収入でお金が貯まる人は基本的に資金管理をしっかりしているので自分が何にいくらお金を使っているのか把握しています。

 

なぜなら収入が多いわけではないので、好き勝手にお金を使うことができません。

 

そのため少ない収入でやりくりをするために資金管理が非常に大切になってくる訳です。

 

資金管理のやり方は人それぞれですが、例えば僕の場合ですと家計簿をつけて収入と支出を家計簿に記入して管理しています。

【一緒に読んでもらいたい記事】 

www.sinkun-higawari.com

 

他にも僕の友人ですと、【おこづかい・日用品・食事など】いくつかの項目に分けてそれぞれひと月分の使ってもいい金額を封筒に入れて管理している人もいます。

 

2.ボーナスが出ても贅沢をしない

これに関しては、正確に言うと収入が増えても生活レベルを極端に上げないということです。

 

なぜなら生活レベルを1度上げてしまうと絶対に前の生活に戻ることができないということを知っているから。

 

生活レベルをいったん上げてしまうと戻すのは本当に大変です。

 

思い出してみて下さい。

 

小学生や中学生のころの1万円めちゃくちゃ大金でしたよね。

 

「1万円あれば何でもできる」むしろ1000円でもすごく大金でした。

 

しかし今現在はどうでしょう。

 

1万円はもちろん大金ですが、たった1万円ぽっちでは生活できませんよね。

 

このように、『小中学生の頃の1万円の価値と今現在の1万円の価値は全く違う』訳です。

 

このように人の価値観は生活スタイルによって変化していくんですね。 

 

なので同じように収入によって生活レベルを上げてしまうと、「今現在の1万円の価値」「生活レベルを上げた後の1万円の価値」では差ができ、どんどんお金が出て行ってしまう生活に変わってしまうでしょう。

 

これが嫌なので、生活レベルを上げません。

 

3.ローンを組まない

ローンはただの借金です。

 

なので、できるだけローンを組みません。

 

これは僕や僕の周りお金が貯まる人の共通点なのですが、100万や200万くらいの買い物ならローンを組まずにお金を貯めてから一括で購入します。

 

ローンというのは「月々数万円で家や車が買えますよ」という、うたい文句で、あたかも「安くてお得!!」と見せかけてるだけで、実はよく見てみると多くお金を支払わなければいけない仕組みなので、お金が貯まる人は基本的にローンが嫌いです。

 

しかし、お金が貯まらない人は平気でローンを組んでしまいます。

 

例えば僕の知り合いの話で、350万の車を300万まで値引きしてくれたから購入した人がいたのですが、よくよく話を聞いてみるとローンを組んで総額350万で購入したとのことでした。

 

なので結局値引きされていないのと一緒だったんです。

 

ローンはできるだけ組まない、ローンは借金、心に刻んでおきましょう。

 

4.ストレスが少ない

ストレスとお金、一見関係なさそうですがめちゃくちゃ関係あります。

 

これは僕が以前パワハラ多めの会社に勤めていた時の話です。

 

このパワハラ多めの会社は、朝のおはようございますと同時に理不尽に怒鳴られ、昼間も怒鳴られ、夕方も当たり前のように怒鳴られる。

 

毎日毎日怒鳴られ三昧の日々を送ていた僕は、毎日ストレスが半端なく貯まり、休日は旅行三昧、外食三昧とストレス発散のためにお金を何も考えずただ欲望の思うがまま使い続けました。

 

するとどうでしょう。

 

気づけば貯金はゼロ、ストレスを発散するための収入を全部使っていました。

 

しかし今現在の僕はストレスが全くない会社に転職ができたおかげで、旅行は趣味なので年に数回は行きますが、昔ほど毎週のようにいくことも無くなり、きちんと貯金ができています。

 

しかも昔の職場より今の職場の方が収入は少ないにも関わらず貯金は圧倒的に今の方たくさんできるようになりました。

 

このストレスがお金を貯めることに影響することは、僕もつい最近実感して気が付いたのですごく驚きましたが、この事実は僕だけではなく友人も同じ経験をしたといっていたのでほぼ間違いない事実だと思っています。

 

5.お金を使わない

お金は使うと減りますが、使わないと減りません。

 

「何を当たり前なことを!」と思ったかもしれませんが、お金が貯まる人はとにかくこの『お金を使わない』という人が多いです。

 

この「お金を使わない」というのはとてもシンプルですが、結構難しいことだと僕は思います。

 

やはり人はどうしても誘惑には勝つことができない生き物だと思うのです。

 

なんせ今の世の中は誘惑がとても多く、少し外に出ればコンビニがあり、スマホを開けばネットショッピングで手軽にお買い物ができるこの時代、

 

誰しも経験する「自分へのご褒美」という言い訳の名のもとに、ついつい必要のないものを買ってしまい、お金を使ってしまう。

 

「お金を使わない」とは、それらを我慢してやっと成立するものになります。

 

どうですか?

 

意外とハードル高そうですよね。

 

ただお金が貯まる人はこれをやっています。  

  

6.お金を使うときのルールがある

お金が貯まる人はお金を使わないといいましたが、もちろん全く使わない訳ではありません。

 

むしろ自分が好きなものや必要だと思ったものにはお金を使います。

 

しかしただ闇雲にお金を使えば無くなってしまうので、しっかりとした自分のルールが存在します。

 

例えば僕の場合だと、

・収入の1割は最低貯金する

・自販機はどうしても必要な時以外は使わない

・食費は自由に使ってもいいが、外食は基本しない

・旅行のときは、お金を少し多く使ってもいい

など、ある程度ルールを決めています。

 

ルールを決めておけば無理なくお金を貯めることができるので、ぜひやってみて下さい。 

 

7.お金が増えるのを見るのが好き

お金が貯まる人の特徴として『とにかくお金が増えていくのを見るのが好き』という人が多いイメージです。 

 

現に僕の周りにいるお金が貯まる人は、僕を含めてみんな毎月お金が増えているかチェックしてニヤニヤしています。

 

なので逆にお金が減っていると、先月減ったいたお金を取り戻す勢いでめちゃくちゃ節約し始めます。

 

それだけ、とにかくお金が増えていることに優越感と幸せを感じる人が多いようなイメージです。

 

まとめ 

低収入でもお金が貯まる人の特徴を7つ紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

どれかひとつだけでも、参考になるものがあればうれしいです。

 

それと「もっと本格的に貯金の方法が知りたい」という方は 、貯金の方法をまとめたブログを下に貼っておきますので、そちらもぜひご覧ください。

【一緒に読んでもらいたい記事】  

www.sinkun-higawari.com

 

 


人気ブログランキング