収入の量と幸福感は関係ない!低収入でも幸せに暮らせる方法。

f:id:sin-a8:20210702055122j:plain

 

・このまま低収入でも幸せに暮らしていけるのかな?

・収入が少ないから将来のお金が心配

・低収入でも幸せに暮らせる方法は?

このような悩みの人に向けたブログになっています。

 

【このブログを書いている人】

f:id:sin-a8:20210321154411p:plain

名前:シン君

・1人暮らし歴2年

・手取り15万円の会社員

・低収入の1人暮らしでも年間70万円貯金

 

本ブログの内容

・低収入でもお金の使い方や考え方で幸せになれる

・低収入でも貯金はできる

 

結論から言うと、『低収入でも全然幸せになることはできます』

 

あとで詳しく話しますが、「収入の多さ」と「幸福感」はイコールではありません。

 

なので低収入でも全然大丈夫です。

 

 

 

 高収入じゃないと幸せになれないのか?

高収入だからと言って幸せになれるわけではないそうです。

 

高収入だと「生活の安定「満足度」を得ることができるみたいですが、決して「幸福度」が高くなるわけではないみたいなんです。

 

「お金量=幸せ」という概念を捨てた方がいいかもしれません。

 

なので僕が思うに、幸せになるためには「お金の使い方=幸せ」が正しいのかなと思います。

 

お金の使い方が下手な人は、いくら収入が増えたとしても「幸せ」になれないということです。

 

高収入なのに家計が破綻寸前

実は、こんな悲惨なデータがあります。

 

日本では年収800万円なのに家計が破綻寸前の家庭が多い、というデータがあるんです。

 

日本の平均年収が400万円なので800万円はかなり高収入になりますよね。

 

アメリカの経済学者リチャード・イースタリンが唱えた説に「貧しいときには収入が増えると幸福感が増す。しかし、年収が一定レベルに達すると、それ以上、収入が増えても幸福感は変わらない」というものがあります。

 

なのでお金の使い方を知らないと、一定の収入まで稼げるようになると収入が増えることに幸福感を感じないので、無駄にお金をたくさん使って幸福感を得ようとして家計が破産寸前まで使ってしまうみたいなんです。

 

自分の幸せなお金の使い方を知らない人は、収入が多いと逆に不幸になってしまうみたいですね。

 

低収入でも幸せに生活している人はいるのか?

低収入でも幸せに生活している人はいます。

 

実際にそういう書籍やブログ、YouTubeで「低収入でも幸せです」という人を良くみかけます。

 

僕が思うその人たちの共通点は、「自分に必要なお金の量と幸せを感じるお金の使い方や暮らし方を知っている」ということです。

 

そしてこのブログを書いてる僕自身も低収入ですが、幸せに暮らしています。

 

そこで、僕が実践した中で幸福感を上げるためにもっとも効果があった方法を紹介します。

 

幸福感をみえるようにする

これはスマホのメモ機能に、日々の生活のことだったり、お金を使ったことなどで感じた幸福感を10点満点中何点だったか記録していく方法です。

 

実際に幸福感を書いて記録したほうが目に見えるので幸福感を実感しやすく、とてもいい方法でした。

 

それと点数制にすることで無駄なお金の使い方と無駄な時間の使い方が見えてくるので、無駄が削減できてとてもおすすめです。

 

これをすることで僕の場合は、「好きな人のラジオを聞く時間」「休日の散歩」「旅行」「料理」「規則正しい健康的な生活」これらが幸福感をより高く感じることがわかりました。

 

低収入の人は収入を増やすのもいい手だか・・・

低収入で1番手っ取り早く幸せになる方法は、アメリカの経済学者が唱えた言葉をそのまま受け取るなら「収入を増やす」になります。

 

しかし収入を増やすことは、とても難しいですよね。

 

収入を増やすことは「出来る人」もいれば「出来ない人」もいます。

 

なので個人的には、今のままで幸せになる方法を考える方が手軽で簡単かなと思っています。

 

その方法として、幸福感を点数制にして記録するのが一番簡単ですぐできると思うので、ぜひ試してみて下さい。

 

低収入でも貯金ができるのか?

低収入で幸せになりたいという人の中には、「将来のお金が心配」と思っている人も少なくないと思います。

 

実際に僕がそうです。

 

なので今のうちに貯金はできるようになっておいても絶対に損はしません。

 

「低収入でも貯金できるの?」と思うかもしれませんが、貯金はテクニックを覚えれば絶対にできます。

 

誰でもできる貯金の方法

まず貯金をするためには、無駄遣いをなくして支出を減らさなくてはいけません。

 

日々の支出には2種類あって、「固定費」「変動費」です

 

「固定費」家賃や光熱費など定期的に決まった金額必要な支出のことで、「変動費」食費などのその時によって金額が変わる支出のことをいいます。

 

「変動費」の減らし方は、このブログで説明した「幸福度を点数制にする」という方法を利用して、幸福度が低いものにお金を使わないようにすれば無駄遣いをなくすことができます。

 

「固定費」の減らし方は別でまとめたブログを書いたのでそちらをご覧ください。

【一緒に読んでもらいたい記事】 

www.sinkun-higawari.com

 

資産管理も覚えよう!!

支出を減らした後は、それを持続するために資産管理をした方がいいです。

 

資産管理をする一番の目的は自分の支出を把握することになります。

 

自分の支出を把握しないと気づけば使いすぎていた、ということになりかねないので注意が必要です。

 

そして資産管理で一番いい方法は「家計簿」をつけることだと思います。

 

家計簿の詳しい書き方は、別でまとめたブログを書いたのでそちらをご覧ください。

【一緒に読んでもらいたい記事】 

www.sinkun-higawari.com

 

僕は大学ノートに家計簿を書いていますが、今では便利な家計簿アプリもたくさんあるので自分に合った家計簿の付け方をみつけてみて下さい。

 

まとめ

僕は正直、低収入で幸せになれるならそれが1番最強なのではないこと思っています。

 

収入が少なくても幸せなので、無理にたくさん働く必要もありません。

 

そして仮に今の仕事がなくなったとしても、低収入の仕事は探せば結構でてくるので、職にもあまり困ることもないんじゃないかなと思います。

 

人生なんて長い暇つぶし、楽しんだもん勝ちです。

 

気楽に楽しく生きていきましょう。

 


人気ブログランキング