医療保険の必要性、僕は必要なさそうなので医療保険を解約しました。

f:id:sin-a8:20200413212642j:plain

日本人のほとんどの人が加入しているであろう医療保険。

 

しかし実際に医療保険というものをきちんと理解した上で加入している人はほんの一握りではないかと思います。

 

そんな僕も実際によく分からないまま医療保険を毎月支払い続けていた一人でしたが、つい最近医療保険を解約する事にしました。

 

そこで今回は、なぜ僕が医療保険は必要ないという結論にいたったのかお話していきますので「自分の場合はどうだろうか?」と考えながら読んでもらうと良いかと思います。

 

 

 

医療保険の必要性は?

医療保険に加入している理由として一番は「何かあった時に安心だから」という理由ではないかと思います。

 

確かに、もしも病気やケガで仕事ができないとなると収入が無くなってしまう上に治療費も生活費もかかってしまい非常に負担が大きくなる、そんなとき医療保険に助けてもらえれば非常に助かりますので安心だという考えに至るのはごくごく普通な事です。

 

しかし、医療保険は「安心」という見方とは違ったもう1つ別の見方をすることも出来るかと思います。

  

医療保険は「賭け」半分以上は手数料

医療保険は「何かあった時」にはすごく助けになりますが「何もなかった時」にはただの金食い虫です。

 

なので病気になれば得をして、ならなければ損をする、まるで「賭け」みたいなものだという見方も出来ます。

 

さらに、もちろん保険会社も商売なので平均すると加入者が損をするような仕組みになっていて、保険会社が得をする仕組みになっているそうです。

 

皆さんが毎月支払っている保険料は半分は加入者の保障に当てられますが、もう半分は保険会社の懐に入っているという話もあります。

 

なので半分は手数料を払っていると思った方がいいかもしれません。

 

ちなみに保険は別名「不幸な宝くじ」と言われているようで、宝くじも半分が手数料なのでそのような言われ方をしているみたいです。

医療保険に加入しなくても健康保険がある

実は皆さん、自分からわざわざ保険に加入しなくても日本に住んでいるならば全員、もう保険に加入していますよね。

 

そう会社員や公務員なら「健康保険」個人事業主やフリーランスなら「国民健康保険」に加入しているはずです。

 

実は健康保険と国民健康保険は意外と知られていませんが、かなり保証が手厚くなっているのでこれだけでも十分ではないかと個人的には思います。

 

詳しく保障内容は下の記事にまとめたのでどうぞ

【一緒に読んでほしい記事】

www.sinkun-higawari.com

  

毎月の保険料を貯金に回せばいいのでは? 

自ら医療保険に入らなくても、健康保険に加入している限り医療費の保障はもうすでにあるので問題ありません。

 

しかし、何があるか分からないのが人生。

 

なので、もしもの時の為に毎月支払っていた保険料を医療保険という形の安心から貯金という形の安心に変えれば何かあった時に対処可能です。

 

貯金は医療保険とは違い「賭け」ではありませんので自分の手元に必ず戻って来るし手数料もないこちらの方が個人的には安心なのかなと思います。

「がん」になったら大丈夫なのか?

しかし、もし「がん」になったらどうなのかという心配もあると思います。

 

「がん」と聞くとテレビCMなどでもがん保険という「がん」に特化した保険のCMをよく目にしませんか?

 

実際、がん治療はお金がたくさんかかるという話も聞きますのでがんに特化した保険があるのでしょう。

 

しかし「がん」の治療も大半は健康保険で対応可能みたいなので『高額療養費制度』(詳しくはこちら)を使えば一定額以上の医療費は保証してもらうことができますからやはり保険は必要ない可能性が高いかと思います。

このような人は医療保険が必要かも 

しかし、トータルで見ると損の方が多いようにみえる医療保険ですが、逆に以下のような

・貯金が無い人、出来ない人

・健康保険対象外の医療を受けるかもしれないと不安な人

・フリーランスや個人企業主などの国民健康保険の人(傷病手当金がないから)詳しくは

には医療保険に加入が必要なのかなと思います。

 

そもそも貯金が無い、出来ないとなる医療費が必要になった時に対処が出来ませんし、健康保険対象外の医療を受ける場合は保証してもらえないので高額な料金がかかるかもしれないので不安な人は加入しておいた方がいいかも知れません。

 

さらにフリーランスや個人事業主ですと国民健康保険なので傷病手当金が出ず収入の保障が全くありませんので、仕事が出来なくなった時の収入面を保証してもらえる保険に加入しておいた方がいいかも知れません。

 

まとめ 

いかがでしたか?

・医療保険は安心を買う商品だが、病気にならなければ損しかしないので「賭け」という見方も出来る

・健康保険の保障で十分対処出来そう

・毎月支払っていた保険料を貯金に回せば何かあった時に対処できる

・貯金も安心の1つ

・「がん」も大半の治療が健康保険で保障してもらえる

・医療保険に加入しておいた方がいい人もいる

というお話をしてきました。

 

保険というのは日本人の「何かあった時どうしよう」という国民性を非常に上手く利用した商品だそうです。

 

なのでこの記事を読んで自分には本当に医療保険が必要なのか考えるきっかけになってくれるとうれしいです。

 


人気ブログランキング