ドラクエはやったことないけど映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリ』見てきた。

皆さんはドラクエお好きですか?

 

ドラクエと言えば、ゲームを全くやったことがない人でも知っているほどの有名な作品で第1作目が発売されて数年たった今でも数々の新作を世に出しづづけている名作中の名作ですよね。

 

そんなドラクエ、実は僕、全くやったことがないんです。(アメトークで見たことがある程度です)

 

ゲームは好きなんですけどね。でもドラクエは全く手に取ってこなかったんですよね。

 

ただ見ましたかドラクエの予告ムービー。

これはちょっとスゴク面白そうじゃないですか?

 

なのでさっそく見てきましたので感想を出来るだけネタバレなしで書いていきたいと思います。

 

 

 

 

個人的にはすごく良かったけど賛否ありそうな映画

映画を見終わった感想は、「これは賛否ありそうな映画やな」というのが率直な感想でした。

 

個人的にはすごく良かったのですが、おそらくダメな人はすごくダメな作品だと思います。

 

僕と一緒に行っていた友人は「悪くはなかったけどあれはいらんかったな」という様に言っていました。

 

どの辺が賛否ありそうなのかは取り合えず順を追って説明していきたいと思います。

 

 

オープニングからドラクエ 

まあ当たり前なんですけど、オープニングからドラクエでした。

 

何を言っているか分からないと思いますが、こればかりは見てほしいとしか言いようがないです。

 

とにかくファンの人にとってはすごくテンションの上がる演出だったのではないかなと思います。

 

ファンでない僕ですら一気にこのオープニングでしっかり心をつかまれてしまいました。

 

 

美しい映像美と誰もが知っているあの音楽たち 

とにかく映像が美しいの一言に尽きます。

 

街も海も山も人も非常にきれいに描かれていますし、なんといっても戦闘シーンは非常にかっこよかったです。

 

さらに個人的にすごく良かったのが、動きたかが少しゲームぽく感じて、なのでゲームの映画を見ている感がすごくあってその感じが非常に好きでした。

 

あとドラクエと言えば心躍るようなあの音楽、あの音楽たちが作中に所々ちりばめられていて、ドラクエを知らない人でも知っている有名なものばかりなので誰が見ても楽しめるようになっている所が非常に素晴らしかったと思います。

 

 

ストーリー展開は速め 

これは短い映画の中で全てを収め切らないといけないので仕方ないのですがストーリー展開はかなり早めになっています。

 

まあ原作を知らない人なら特に違和感なく構成されているのであまり問題ないかと思いますが、ファンの方からすれば「あのシーンないのかよ」などの不満がもしかしたらあるんじゃないのかなと思われます。

 

 

賛否分かれるラストシーン 

はじめの感想で「賛否分かれそうだな」と思ったのはこの衝撃のラストシーンです。

 

正直まさかの展開過ぎて驚きました。もう斜め上演出どころではなく、どの角度からやって来たんだお前はというような驚きの展開が待っています。

 

個人的にはすごく心に察さって、すごく大満足なラストシーンでしたが、嫌いな人にはこのラストシーンのせいで最悪な映画になる可能性もありそうだなと思いました。

 

最後に

大人気ゲーム作品ドラクエの映画化、個人的には非常に大満足でドラクエが大好きな人はもちろんドラクエを知らない方、あと特にドラクエに限らずゲームというものが好きな方には非常にオススメの映画だったのではないかと思いました。

 

それとさすがドラクエと思ったのが、やはり長年愛されているゲームの映画化なので見に来ている年齢層が幅広く、子供からご年配の方たちまでの人たちがまんべんなく見に来ているという印象でした。

 

非常に話題と期待があったドラクエの映画、とにかくみんなに1度見てもらいたい、そしてどうだったのか感想を聞きたいというような映画でした。(よければコメントの所に書いて下さい)

 

興味のある方はぜひ見に行ってみて下さい。

 

それじゃあ

また!!


人気ブログランキング