Ymobileに乗り換えたばかりなのに、大手3キャリアが格安プランだしてきたので困った

f:id:sin-a8:20210121204343j:plain

 ※2021-2-28更新

大手3キャリア〘ドコモ、au、ソフトバンク〙から格安新プランが発表されましたね。

月々のスマホ代が安くなる、と喜ばれている方も多いかと思います。

 

そんな最中、僕はYmobileについ最近乗り換えたばかりなので非常にショックを受けている最中です。

www.sinkun-higawari.com

こんな「Ymobile最高!!!」というブログを書いたばかりなのに、大手3キャリアが格安プランを発表したので「ちょっと勘弁してくださいよ」と頭を抱えております。

 

皆さんの中にも僕と同じ境遇の方もいるのではないでしょうか?

そこで、大手3キャリアの格安プランがいいのか、それともYmobileをこのままで継続してもいいのか、見比べながら考えていきたいと思います。

 

 

Ymobileに乗り換えたばかりなのに、大手3キャリアが格安プランだしてきたので困った

f:id:sin-a8:20201130052148j:plain

Ymobileの新プラン

まずはYmobileも2021年3月から新料金プランが発表されたのでそちらをみていこうと思います。

 

プラン シンプルS シンプルM シンプルL
料金 1980円 2980円 3780円
データ通信料 3ギガ 15ギガ 25ギガ
対応通信方式      4G・5G
通話料

     20円/30秒

 

2021年1月現在、僕が契約しているプランはベーシックプランM、料金は3680円、一方で新プランのシンプルMは2980円と約700円も安くなっていますね。

 

しかし10分間通話無料が無くなっていたりなど、少し仕様が変わっているようです。

 

その代わり新しく5Gに対応していたり、おうち光割や家族割、シンプルM/Lだと速度制限がかかっても最大1Mbps速度が出たりなど、新規のものや残っているオプションもありますね。

  

個人的には、ソフトバンク光に契約しているので、おうち光割が残ってくれているのは非常にありがたいです。

✔ポイント

家族割とおうち光割は基本料金から1080円値下げしてくれます。

 

なんと1080円も割引してくれるのか!!これはうれしいですね。

 

さあ、これを踏まえた上で大手3キャリアの新料金プランをみていきたいと思います。 

 

大手3キャリア比較

それでは大手3キャリアが発表した格安新プランを比較していきます。

自分に合ったプランかどうか考えながらご覧ください。

 

ドコモ【ahamo】 

ドコモが発表したのは【ahamo】という新料金プラン。

正直この発表をみた時は、ドコモの独り勝ちなのではないかと思いましたよね。

 

僕はYmobileに乗り換えるまでドコモユーザーでして、しかも乗り換えた約1か月後に【ahomo】が発表されたので「Ymobile乗り換えない方が良かったかな?」という気持ちでした。

 

【ahamo】の特徴

・料金2980円

・家族割り

・データ通信料20ギガ

・5分間国内通話無料

・4G/5Gに対応

・オンライン限定申し込み

・海外82の国々、地域で利用可能

 

料金は2980円と激安、さらに20ギガ使えて5分間通話無料5Gも対応と今までのドコモの料金は何だったのかと思わせるくらいの安さです。 

 

さらに、海外82の国々、地域で利用できるのでよく海外旅行に行く人にはすごく魅力的だと思います。

 

オンライン申し込み限定ということもあって、利用する人は限られて来るかも知れませんが、若者やネットに強い人には非常に良いプランではないでしょうか。

 

しかしデメリットとして、

・キャリアメールが使えない

・満20歳以上から契約可能

・割引サービスが使えない

・店頭サポートが受けられなくなる

・オンライン限定なのでスマホに強くないと分からない

など、意外とデメリットもあるようです。

 

なので【ahamo】に向いている人は、

・満20歳以上で、月々のスマホ料金を安くしたい人

・スマホに強い人

・キャリアメールが無くても困らない

・海外旅行によく行く人

ではないでしょうか。

ソフトバンク【LINEMO】 

ソフトバンクが発表した新料金プランは【LINEMO】

名前の通り、あのLINEモバイルとソフトバンクが合併して作った新プランの様です。

 

【LINEMO】の特徴

・料金2480円

・データ通信料20ギガ

・5分間国内通話無料

4G/5Gに対応

eSIM対応 *1

・オンライン限定申し込み

・LINEは使い放題

 

ソフトバンクの【LINEMO】は、料金は2480円、データ利用料20ギガ

 

ソフトバンクの特徴は、LINEが使い放題なという点です。

なのでLINEを頻繁に使う人にとっては非常に良いサービスのようですね。 

 

そしてこちらもオンライン限定申し込みで、LINEでも申し込みできるみたいですので若者やネットに強い人には向いているのではないでしょうか。

 

しかし、こちらもデメリットがあって、

・キャリアメールが使えない

・割引サービスが使えない

・店頭サポートが受けられなくなる

・オンライン限定なのでスマホに強くないと分からない

というデメリットがあります。

 

【LINEMO】では、ドコモの【ahamo】のような満20歳以上でないと契約できないというのは、調べた限りではでてきませんでした。

 

なので【LINEMO】に向いている人は、

スマホ料金を安くしたい人

・キャリアメールが無くても困らない人

・LINEをたくさん使う人

・20歳以下の人(確かではない)

 かなと思います。

 

【LINEMO】はとにかくLINEをたくさん使う人だけがお得といった印象ですね。

au【povo】

auが発表した新料金プランは【povo】

とにかく、とてもいいにくい名前ですね。

 

povoの特徴

・料金2480円

・データ利用料20ギガ

・オンライン申し込み限定

・24時間ギガ使い放題200円

・eSIM対応

・自分に合ったトッピング

 

【povo】も【LINEMO】と同様月額2480円と基本料金がとても安いです。

 

その代わり5分国内通話無料サービスが付いていないのですが、日頃から電話自体あまり利用しない人からすると、すごくいい価格帯だと思います。

 

さらに、【povo】の一番注目されているのは200円で24時間ギガ使い放題というトッピングサービス。

ネット上ではとても注目されているみたいで、たくさんギガを使う人にとってはうれしいサービスになっているようです。

 

このように【povo】では追加で欲しいサービスを自分でトッピングして自分好みのプランを組み立てることが可能なので、「電話かけ放題がほしいな」という人もいれば「ギガ数が欲しいな」という人など、自分好みの料金プランを作成できそうですね。

 

そしてこちらも他の2社同様、オンライン限定の申し込みなので、若者やスマホに強い人に向けたサービスになりそうです。

 

【povo】のデメリットは、

・キャリアメールが使えない

・割引サービスが使えない

・店頭サポートが受けられなくなる

・オンライン限定なのでスマホに強くないと分からない

といった他の2社と似たようなデメリットが存在します。

 

ちなみに【povo】の場合は満20歳以下であっても、親権者の同意があれば契約は可能みたいです。

 

【povo】に向いている人は、

・スマホ料金を安くしたい人

・日頃から電話をあまり使わない人

・自分に合ったスマホプランを作りたい人

・スマホに強い人

・満20歳以下の人(親権者の同意が必要)

ではないでしょうか。

 

 

大手3キャリアまとめ

ドコモ、ソフトバンク、auと新料金が発表され順にみていきましたが、いかがでしたか?

 

少しここで3社のまとめをしていきます。 

 

ドコモ

ソフトバンク

au

料金 2980円 2480円 2480円
データ通信料 20ギガ 20ギガ 20ギガ
通信 4G/5G 4G/5G 4G/5G
国内通話無料 5分 5分

なし

(追加可能)

申し込み方法 オンライン オンライン オンライン

 

・海外旅行によく行く人は、ドコモの【ahamo】 

・LINEをよく使う人は、ソフトバンクの【LINEMO】 

・自分でプランをカスタマイズしたり、日頃から電話をあまり利用しない人は、auの【povo】

という感じですかね。

 

正直3キャリア見比べてみた結果、3キャリアとも似たり寄ったりな部分が多い感じがしますが、強いて言うなら個人的には、【povo】と【LINEMO】が料金が安いのでいいのかなと思います。

 

しかし大手3キャリアの新プランは非常に安く、魅力的ではありますが僕の場合、20ギガも正直使わないので大手3キャリアに乗り換えるなら、今のままYmobileで新プランのシンプルMに変更した方が、おうち光割も付いてくるのでそっちの方が料金的には安い。

 

なので大手3キャリアに乗り換える必要は無さそうです。

 

ただ、もう1つ忘れてはいけない会社がありました。

それはYmobileのライバル的存在のUQモバイルです。

Ymobileのライバル的存在、UQモバイル

f:id:sin-a8:20210124152638j:plain

UQモバイルの新料金プラン

Ymobileのままでいいかなと思っていたら、ライバルのUQモバイル の新プランが非常に魅力的なんです。

 

UQモバイル の新プランは、〘くりこしプラン〙というものでその名の通り余ったギガを翌月にくりこし、上乗せして使えるというプランになります。

【UQモバイル】

  くりこしS くりこしM くりこしL
料金 1480円 2480円 3480円
データ通信料 3ギガ 15ギガ 25ギガ
対応通信方式      4G/LTE
通話料      22円/30秒

【Ymobile】

プラン シンプルS シンプルM シンプルL
料金 1980円 2980円 3780円
データ通信料 3ギガ 15ギガ 25ギガ
対応通信方式      4G・5G
通話料      20円/30秒


Ymobileと UQモバイルを比較してみると、UQモバイルの方が基本料金は安いのが分かると思います。

そして先ほども言いましたが、UQモバイルの最大の特徴はなんといっても使わなかったギガを翌月に繰り越すことができることです。

 

翌月に繰り越せるというのは正直とてもいいですよね。

例えば「くりこしM」の場合、15ギガ使えるところを今月は10ギガしか使わなかったとします。

すると5ギガ余ってますよね。

なのでその5ギガが翌月に繰り越されて、翌月は20ギガも使えるという仕組みなんです。

 

こうやって見るとYmobileよりもUQモバイル の方が魅力的に感じなくはないです。

 

UQモバイルは、たくさんギガを使う月もあるが基本そこまでギガを使わない人にとって、オススメなのかなと思います。

結論:取り合えずはYmobileのままでいい

取り合えず僕はこのままYmobileを継続して契約する事にしました。

 

理由はまず、

・月に20ギガも使わないので大手3キャリアはその時点で除外(Ymobileの新プランに乗り換えた方が料金も安い)

・UQモバイルは魅力的だが、翌月に繰り越さなくても僕はひと月に15ギガもあれば十分だし、おうち光割を使えば料金UQモバイルよりも料金が安い

ということでわざわざ他のスマホ会社に乗り換える必要はなさそうだなという結論に至りました。

 

正直UQモバイルの翌月にギガを繰り越せる仕様には心を持っていかれそうになったのは事実です。

ただ、よくよく冷静になって考えてみると、そもそも今の契約しているYmobileのプランの10ギガですら持て余している状況なので「必要ないかも」と思い、Ymobilをそのまま継続して利用していきます。

 

皆さんはどうでしたでしょうか?

僕は取り合えず、今はYmobileをそのまま継続していきますが、また気持ちが変わった時にはブログでご報告させていただきます。

 

このブログが皆さんの参考になってくれれば幸いです。

それでは!

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

*1:eSIMとは・・デジタル化されたSIMカード、SIMカードを直接端末に差し込まなくても端末自体にSIMカードが埋め込まれていてQRコードや専用アプリで読み込みをして電話やネットを利用できるもの