5月6日~5月10日のドル円チャート、相場分析とこれからの相場予想

f:id:sin-a8:20190210152957p:plain

どうも、こんにちは。

 

先週のドル円はゴールデンウィーク明け下落スタートの週となりました。

 

売り目線でエントリーされていたトレーダーさんには、おいしい週となったんじゃないでしょうか。

 

それではさっそく先週のドル円チャートを見て行きたいと思います。

 

5月6日~5月10日までのドル円チャート分析 

日足

f:id:sin-a8:20190512152157p:plain

日足を見てみる限りでは高値を上に抜けることが出来ず止められ、一気にそのまま黄色丸1の押し目を付けて上昇したポイントまで下落していったという状況になっています。

 

この黄色丸2のポイントでまずはどのように動くか注目といった様子の相場状況じゃないのかなと思います。

 

四時間足 

f:id:sin-a8:20190512152819p:plain

四時間足では直近で見る限り上昇トレンドになっていた様子でしたが、上位足である日足の高値のラインに邪魔をされ、上昇トレンド継続ならずといった状況です。

 

やはり下位足は上位足の一部に過ぎないので、今回のチャートの形をみて分かるように上位足の機能しそうなポイントでは下位足の動きは機能しない可能性が高いという事をあらためて感じましたね。

 

1時間足

f:id:sin-a8:20190512153820p:plain

1時間足では少しロウソク足が小さすぎて分かりずらいかも知れませんが、日足の高値のラインでレンジ相場になっています。

 

そして、安値が青丸のポイントで3回止められている所があったのでそこにレンジのサポートラインが引けるかなと思い引いてみました。

 

3回止められた後、何度かレンジの上や下に抜けてわ戻りを繰り返した後に黄色丸のポイントでしっかりサポートラインに反発して陰線を付けている個所が2か所あります。

 

おそらくここを拠点に一気に下落していったのかなと僕は思っています。

 

この黄色丸のポイントは非常にレンジ抜けの王道ポイントなのでしっかりエントリー出来た方も多かったではないのでしょうかね。

 

 最後に

今週は日足で見ると機能しそうなポイントで止められているので、今のポイントがサポートになるのかそれともこのまま下落していくのか、どちらに動くにしても今のチャートの状態ではエントリーは出来ないのでしっかり分かりやすい形になるまで待ってエントリーできるよう注目して行きたい所です。

 

今週も僕はノートレードが続いている状態ですが、あせらず行きたいと思います。

 

それじゃあ

また!!


人気ブログランキング