『アリータ:バトル・エンジェル』見て来たよ。(映画レビュー・評価、感想)

f:id:sin-a8:20180903121459j:plain

どうも、こんにちは。

 

今回は日本の漫画『銃夢』が原作の実写映画『アリータ:バトル・エンジェル』を見て来ました。

 

なるべくネタバレせずに感想を書いていきたいと思います。

 

 

 

 はじまりから終わりまで面白いが止まらない!

もし映画『アリータ』の感想を一言で述べよと言われればこの言葉を送りたいと思います。

 

本当にそれぐらい素晴らしい映画でした。

 

もうとにかく見れば見るほど、どんどん映画の中に引き寄せられて行って面白いがどんどん次から次えと押し寄せてきます。

 

ストーリーが面白いのはもちろんですが、とにかく映像美が圧巻で、なんといっても注目してほしいのはアクションシーンのカメラワークがすばらしく迫力がすごいのなんの。

 

あと今回吹き替え版では、映画の中で出てくるモーターボールという競技の実況にアナウンサーの古館さんが挑戦していて、これにはネットを見る限り賛否両論あるみたいなのですが、個人的には良かったと思います。

 

まあ、予告映像の方に古館さんの実況が入ったものもあるのでそれを見て違和感があるかないかで、吹き替えにするか字幕にするか選んでみてもいいと思いますよ。

 

とにかく、非常に面白い映画でしたので、原作の『銃夢』もぜひとも読んでみたいと思います。

 

 

 3Dで見た方がいいの?

今回僕は3Dの吹き替え版で見たのですが、個人的な感想では、3Dで見た方が戦闘アクションシーンなどの迫力は非常にあると思います。

 

さらに映像面でも3Dを意識したような作りになっている場面も多数見受けられたので個人的なおすすめは3Dですかね。

 

まあ3Dは300円ほどお値段が上がりますが、しっかり楽しみたいという方はぜひ3Dでお楽しみくださいませ。

 

 

 最後に:『アリータ:バトル・エンジェル』◇評価5点満点中/4.5点

今回は5点満点中4.5点といった超高得点の最高の映画でした。

 

見ようかどうか迷っているのでしたら絶対に見た方がいいと思いますよ。

 

それと絶対に映画館で見た方が面白い作品だと思いますので、迷っているのでしたらとにかく今すぐ劇場に足を運んで下さい。

 

でないと後悔すると思いますよ。

 

それじゃあ

また!!


人気ブログランキング