ブラック部活、僕の経験談をお話しします。

f:id:sin-a8:20180817105806j:plain

皆さんこんにちは。

 

最近よく運動部など、スポーツ関係のパワハラ問題のニュースをよく耳にしませんか?

 

多いですよねぇホントに。

 

実は僕も学生時代にブラック部活動に所属していたんですが、正直学生時代には全く自分がブラック部活動に所属していたなんて気が付かなかったんですよね。

 

僕が気づいたのは学校を卒業し、職場で仲良くなった人にこんな部活だったよって話してたら「それ、おかしいんじゃない?」と言われてそうだったんだと気が付きました。

 

でも、はじめの頃は「おかしいよそれ」と言われても「そんなことないよ、別に普通やと思う」みたいな事を言っていましたけど、今は思い返すと確かに変だったのかなと思います。

 

いや~完全に洗脳されてたんでしょうね。恐ろしい!!

 

という事で、職場の人に僕が経験してきた部活の内容を話しておかしいと言われた事を一部ですがお話していきたいと思います。

 

 

目次

 

 

真夏なのに水分休憩がめちゃくちゃ少ない

昔では暑い夏でも、運動部は水分補給してはいけないみたいな考え方があったみたいなんですが、僕が学生の頃というのはそこまで昔の話という訳ではなく「夏の運動時には水分補給をしっかりしましょう、熱中症になりますよ」と、もう言われている時でした。

 

でも僕の顧問の先生はいい方は悪いですが、考え方が古い人だったもので、よく「昔は水分なんてとってなかった」といって水分補給の時間がほぼなかったんです。

 

僕のやっていた運動部は外でやる球技だったんですけど、夏休みには炎天下の中が毎日10時間~12時間くらい練習をしていたんですね。

 

ほぼ半日ですよ。よくがんばったなぁ~じぶん!! 

 

そんなに長い間練習するのに休憩がほぼなく、水分補給も出来ないというまさかの仕打ち。

 

そのせいで僕は、熱中症の記事にも書きましたが2回も熱中症になってしまいました。

sin-a8.hatenadiary.jp大会などで他に学校とお話したときに、きちんと休憩もとっているし練習中にも水部補給が出来るように準備してあるという話をきいて、いいなぁと思ったのを思い出しますね。

 

 

合宿、遠征で寝させてくれない!

これは本当に辛かったです。

 

僕の所属していた部活動はかなりの頻度で合宿や遠征を行ってたんですが、合宿や遠征に行くと必ず顧問の先生を含めたミーティングを行うんですけど、その開始時間非常に遅かったんです。

 

こっちは朝から1日中動いてくたくたで次の日の朝も早く起きていろいろしたくもさせられるのですが、ミーティングの開始時間がいつも夜中でした。

 

「眠くてミーティング所じゃないんじゃチックショー」と心の中でぼやきながら必死に寝ないようにたえていたのを思い出します。

 

寝たらしばかれますからね。

 

ひどい時の合宿では「2時間寝れればいい方だな」なんていう合宿もありました。

 

この時は疲れすぎて歩きながら寝るという経験をはじめてしましたよ。

 

今思うと殺す気か!!って感じですね。

 

 

後輩は先輩の奴隷!!

体育会系の部活ではよくありがちだと思うのですが、後輩は基本的に先輩のいう事は絶対でほぼ奴隷状態でした。

 

休み時間などのパシリなんて当たり前、あと先輩のいう事を聞かなければ手が出るなんて日常茶飯事でした。

 

あと、今思うと本当にひどい話だと思うのですが「ちょっと今日機嫌悪いんだよね~殴らせてよ」といってサンドバック代わりになるという事もありました。

 

ただ厄介なのが、こういう風に先輩にされてきた後輩は高確率で自分が先輩になった時に後輩に同じような事をしてしまうという事です。

 

そして、その後輩たちも自分に後輩が出来ると同じような事をしてしまうという最悪のループが続いていくんです。

 

みんな口癖のように「自分らも先輩にひどい目にあわされてきたから、伝統だから」と先輩たちに言われたように同じことを言って後輩たちを奴隷のように扱ってましたよ。

 

非常に残念です。

 

あっ!ちなみにいい訳みたいに聞こえるかもしれませんけど、僕は後輩にそんな事してませんよ。神に誓って。

 

 

 最後に:ブラック部活の体験談

職場の人に「それおかしくない?」といわれたほんの一部を紹介してみましたがいかがでしたか?

 

おかしいな事でもそれが当たり前になっちゃうとそれが普通になってしまうのは非常に怖いことですね。

 

それと、今思うと恐怖心から自分を守るために「これが普通なんだ」と言い聞かせていたのかなとも思います。

 

やはり、恐怖心を植え付けられると相手の事が怖いですから、きちんとその人の言った通りの事をする、命令さえきちんと聞いていれば優しく接してくれるんですよ。

 

そうすると「ここの部活ではこれが正解なんだ!」みたいに最終的にはなってしまうんでしょうね。

 

そのせいでどんなに理不尽なことを言われようとも、自分の中でそれが当たり前になっていったのかなと思います。

 

でも、そういうのって結局長続きしないと思うんですよね。僕の入ってた部活動もいろいろ問題がバレて今はなくなりましたからね。

 

皆さんも周りの人に「それってなんか変じゃない?」と言われたら少し冷静になって客観的に自分の現状を見てみることも大切なのかなと思いますよ。

 

まあなかなか難しいですけどね。

 

それじゃあ

また!!


人気ブログランキング